« モロヘヤーのスープ | トップページ | 岡山のバラ寿司 »

2005年9月 9日 (金)

ニンニクのしょう油漬け・味噌漬け

ニンニク

ニンニクには、強力な殺菌作用や、抗酸化作用があります。血栓予防やガン予防にも良いと言われていて、良いこと尽くめですね。

「食べる会」では、夏の初めから終わり頃まで毎週ニンニクが届くので、しょう油漬けと味噌漬けを作ります。かんたんです。

IMG_0920 にんにくのしょう油漬け・味噌漬け

つくり方

ニンニクのうす皮をむいて、しょう油と味噌に漬け込む。(一週間位から食べられます)味噌は、炒め物に使ったり、キュウリや生のキャベツに添えていただくとおいしい。しょう油は、中華料理に使うと美味しく仕上がります。

三芳生産グループのレシピより(きちんとした、つくり方)

にんにくのしょう油漬け

1・・にんにく500gは1片ずつ薄皮を取る。塩15gをすり込み容器に入れ、差し水(水150cc,塩15g)をして、にんにくが完全に沈むようにする。匂い消しのためにローリエ4~5枚入れ、軽い重石をした落しぶたをして、7~10日下漬けをする。

2・・本漬け・・下漬けしたにんにくの水を切り、半日くらい日陰干しする。しょう油300cc,酢200ccを合わせた漬け汁に漬け込み、軽い重石をした落しぶたをする。(2~3ヶ月で食べられるが、1年以上待つとおいしくなる)

◎にんにく玄米チャーハン

IMG_1277 材料(2人分)・・玄米ご飯・・お茶碗2杯分、ネギ2本、卵3こ、ニンニクしょう油大さじ2、しょう油漬けのニンニク4~5片、塩少し

つくり方

フライパンに油を熱して、みじん切りにしたニンニクとネギを炒め、卵を入れる。卵が半熟状態の時、あたためたご飯を加えて炒め、ニンニクしょう油と塩少々を入れて混ぜる。

|

« モロヘヤーのスープ | トップページ | 岡山のバラ寿司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モロヘヤーのスープ | トップページ | 岡山のバラ寿司 »