« ボジョレーヌーボーの会「ピンチョス」 | トップページ | コンニャクのくるみ田楽 »

2011年11月29日 (火)

鯛の昆布じめ

Mikageマダム の「甘鯛の昆布締め」を見ていたら、私も作ってみたくなりました~

高級な甘鯛、近所の駅ビルの魚屋さん(たくさんの種類の魚があります)には、置いてありませんでした。(はい、見ただけです。すみません

たまたま出かけた新宿伊勢丹の魚屋さん,「ここには置いてあるかもー」と、ためしにのぞいてみたらー、ありましたよー。しかーし、1匹(30センチくらい)で9500円もー

で、気をとりなおして翌日また駅ビルの魚屋さんをのぞいてみると黒鯛があったので「昆布締めにしたいんですけど」と言って、三枚に下ろしてもらいました(出刃包丁持っているけど、殿様下ろしになってしまいそうなので)

「旨酢」をMikageマダムに教えていただきました~。ありがとうございます料亭の味になりました。

(言い訳・・・鯛の皮をはぐのって、難しいのね。身がボロボロになってしまったでも、味は料亭よ

Img_2256_3

材料

  • 鯛・・・一さく
  • 昆布・・・2枚(うちでは、羅臼の昆布の端キレを築地で買っています。見た目は悪いけど、味は羅臼!)
  • 旨酢・・・酢5、薄口しょう油1、出汁(または、みりん)1の割合
         (今日は、柚子を使いました)

つくり方

  1. 昆布は、酢と水を合わせた中にくぐらせて湿らせる。鯛に軽く塩をして、昆布ではさんでラップをし、密閉容器に入れて一晩冷蔵庫に置く。
  2. 昆布で締めた鯛を削ぎ切りにして、旨酢を回しかけていただく。

Img_2244

★鯛のアラは「うしお汁」に、半身はお刺身でいただきました。
 備前焼の器に盛ってみました。

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(*^_^*)

|

« ボジョレーヌーボーの会「ピンチョス」 | トップページ | コンニャクのくるみ田楽 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。