« 鯛の昆布じめ | トップページ | レオン ヴェローゾスープ(魚貝のスープ) »

2011年12月11日 (日)

コンニャクのくるみ田楽

三芳村で生産者にコンニャク作りを教わってきました

スーパーで売っているコンニャクの袋の裏を見ると、コンニャクはほとんど「コンニャク粉」から作られているようで、たまに『生芋コンニャク』って書いてあるコンニャクもあるけど高価。生の芋からどうやってコンニャクを作るんだろう?って、ずいぶん前から思っていました。
今年やっと生産者の奥様達に教えていただく事ができて謎が解明。本当に嬉しい

こんにゃくの作り方は、こちらを見てね→コンニャクの作り方

で、当日作ったコンニャクを分けていただき、お刺身やおでん、コンニャクのピリ辛炒めにしていただきました~(あ~、本当に美味しくて、もう市販のコンニャクは買えないわぁ、生産者の皆さん、もっと、もっと作ってくださいねー。・・・しかーし、今年はイノシシに大分食べられたそうで、いつもの年よりずっと少ないんだって

さて、最後に残ったコンニャクで「くるみ味噌」を作っていただきました。

Img_2459

材料

  • こんにゃく
  • 大根
  • だし汁
  • くるみ味噌・・・味噌70g、くるみ30g、砂糖20g、出汁2分の1カップ、みりん大さじ1

つくり方

  1. 大根は2~3㎝の厚さに切る。こんにゃくは食べやすい大きさに切る。
  2. 鍋に大根とこんにゃくを入れ、ひたひたに出汁を張って、大根が軟らかくなるまで煮る。
  3. くるみ味噌を作る・・・くるみは150度のオーブンで空焼きにして、包丁で細かく切る。(フライパンで空炒りしてもOK)
    鍋に出汁、味噌、砂糖、みりんを入れて火にかけて弱火で練る。最後に細かくしたくるみを加える。
    (ユズがあれば、ユズの搾り汁や皮を入れても美味しい)

Img_2442

Img_1709 ←こんにゃく。この根っこに「こんにゃく芋」ができています。立派なこんにゃく芋になるまで、2~3年もかかるんだって みかんの木の下に植えている生産者が多かったよ。木陰が育てやすいのかな?

★ブログランキングに登録していま~すここ→人気ブログランキングへをクリックして応援してね(*^_^*)

人気ブログランキングへ

|

« 鯛の昆布じめ | トップページ | レオン ヴェローゾスープ(魚貝のスープ) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。