« 栗ご飯・栗の甘煮 | トップページ | 蓮根チーズとブラジル料理教室 »

2014年10月29日 (水)

ガドガドサラダ

今週、落花生が届きました。生のピ-ナッツです。千葉県は落花生の生産が日本一?だと思うのですが、三芳村の生産者も作っている人が多いんですよね。茹でてそのままいただいても、もちろん美味しいのですが、バリ島に行くと必ずいただく「ガドガドサラダ」を作ってみました。
茹でた野菜や卵にピーナッツソースをかけていただく温サラダです。

Img_1408_1024x683_2

←器は、陶作家キタサコタカコさんにいただいたものです。 ありがとう~

材料

  • じゃが芋
  • ニンジン
  • ブロッコリー
  • 厚アゲ
  • ソース・・・ピーナッツ(茹でて皮をむいたもの1カップ)、ニンニク(1~2片)、しょう油(小さじ1)、ナンプラー(小さじ1)、レモン汁(大さじ1)、マヨネーズ(大さじ2)

つくり方

  1. ゆで卵を作る。
  2. じゃが芋は皮つきのまま半分に切る。ニンジンは食べやすい大きさに切る。ブロッコリーは小房に分けて、これらを柔らかく蒸す。
    厚アゲはさっと茹でて食べやすい大きさに切る。
  3. ピーナツを茹でる。鍋にお湯を沸し、生のピーナツを15分くらい茹でて、殻を取る。すり鉢に熱いうちにピーナツとニンニクを入れて、すりこぎでつぶす。この上に、しょう油、ナンプラー、レモン汁、マヨネーズを加えて混ぜてソースを作る。

Img_1383_800x533

野菜は蒸す

Img_1384_800x533

ピーナツを茹でる。(今日はストウブ鍋で10分茹で、火を止めてそのまま10分置いてからざるにあげました) 普通のお鍋だともう少し時間をかけてね。

Img_1388_800x533

先日はフードプロセッサーで作ってみましたが、やっぱりすり鉢でつぶした方が食感が良いです!

Img_3142_1024x683

↑PCを探してみたら、バリ島で撮った「ガドガドサラダ」が見つかりました~。8年前のものだったけど。 海老せんべいやご飯も添えてあるね。ソースの上には揚げ玉ねぎも!

バリ島が大好きで、家族と何度か行き、その後インドネシアの織り「イカット」を習い出してからは先生達と毎年のようにバリ島やインドネシアの島々を訪ねて、パスポートを見てみると15回くらい行きました。ここ数年行っていないなぁ。また行きたいなぁ・・・と、しばし大量の写真に見入ってしまいました~

昨日は、ペニーシュラ東京で宝石デザインのお仕事をしているワンコ友達を訪ね、そのあと東銀座の糸屋さんへ。その帰り道、「そうだ!築地まで近いんだから寄って行こう!」と予定変更して築地へ~。

築地ではいつものコース・・・有次に包丁の研ぎを預けて→秋山商店で鰹節を買い~→吹田商店で昆布→国虎でまぐろのサク→石橋ベジタブルで珍しい野菜を・・・と思っていたら、築地に着いたのがもう3時前だったので、秋山商店も吹田商店もシャッターが閉まっていました~(石橋ベジタブルでは各国の松茸が出ていたので、「一周してから買ってみようかな」と思っていたら、こちらも閉店していた

結局、閉店間近の国虎でまぐろのサクを半額近くにして頂いて、羅臼の昆布の切れ端を買い、松露で夫用に卵焼きを買って、遅いランチ・・・お寿司を少々ランチビールと一緒につまんで帰路につきました~。

ペニーシュラ東京に行くのは初めてだったので、出かける前に一応クローゼットを見渡して、ペニーシュラに似合う?服を探してみたけれど、そんなオサレな服は一枚もなく、結局いつものインディゴのワンピースで出陣。ホテルの入り口に、「ドレスコードについて・・・」と書いてあり、ちょっとひるんでしまいながらも無事到着できました。(正確には、その部屋がよくわからず、ロビーで尋ねたところ・・・わざわざ5階のビップルームまで案内してくださり、恐縮したのでした) お仕事中のワンコ友達を見つけてほっと一安心。美しいネックレスなど眺めて目の保養をしてきました~。(保養だけです。残念

Img_1367_1024x779

今週届いた野菜・・・生ピーナツ、枝豆、セロリ、ニンジン、里芋、さつま芋、梅干し、卵

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→をクリックして応援してね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

|

« 栗ご飯・栗の甘煮 | トップページ | 蓮根チーズとブラジル料理教室 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。