2015年8月29日 (土)

ストウブ鍋で中華おこわ

今日も20℃と涼し~い東京です。そして雨。 梅雨が再来??

夏休みもそろそろお終いね。友人達に旅のお土産をたくさん、いただきました~ (それも、みんな美味しい食べ物ね。ありがとう
遠くは、ブラジルのサンパウロからオーガニックコーヒーやドイツからアルザスワインなど(重たかったでしょ。ありがとう)・・・。

で、今日は北海道のお土産にいただいた干しホタテ貝柱を使って、中華おこわを作りました。

Img_2872_851x1024

材料

  • もち米・・・4合
  • 茹でタケノコ
  • 干し帆立貝(干しエビも美味しいよ)
  • 干しシイタケ
  • 焼き豚
  • ショウガ・・・一片
  • シイタケと帆立貝の戻し汁、それにチキンスープを合わせて4合にする。(普通の鍋の場合は米の1.2倍くらい)
  • しょう油・・・大さじ4、酒・・・大さじ4、砂糖・・・小さじ1、オイスターソース・・・小さじ1、五香粉・・・小さじ1

つくり方

  1. 干しシイタケと干し貝柱はぬるま湯で戻す。
  2. もち米は洗ってザルにあげ、固く絞ったぬれ布巾を掛けて30分くらい置く。
  3. タケノコと焼き豚は細かく切る。
    戻したシイタケも細かく切る。貝柱は手でほぐす。
  4. 鍋にごま油を熱してみじん切りにしたショウガを炒め、香りが出たらもち米以外の材料を炒める。この上にもち米と戻し汁とスープ、調味料を加えて混ぜ、強火で沸騰させる。(フタは取ったまま)
  5. 沸騰したら鍋にフタをして、弱火で12分煮る。
    12分経ったら火を止め、そのまま10分くらい蒸らす。

Img_2863_1024x198 ←干しホタテ貝。もちろん、このままいただいても美味しかったよ!ビールのおつまみにしました~。

先週届いた野菜

Dsc_0411_1024x696

キュウリ、オクラ、空芯菜、モロヘイヤ、ピーマン、シシトウ、万願寺トウガラシ、ニンニク、ぶどう、卵

安全な食べ物をつくって食べる会

★ブログランキングに登録しています。クリックして応援してね(#^.^#)


オーガニック料理 ブログランキングへ

| | コメント (0)

2015年4月 7日 (火)

お花見の手まり寿司

日曜日は、昔の同僚K君のお宅で恒例のお花見会でした~
当日はあいにくの雨だったけど、部屋の中から「らくちん花見」なのでお天気は関係ないのよね~。

持ち寄りパーティに何を作って行こうか考えた結果、手まり寿司とアメリア先生に教わったスペアリブにしました。

Img_2415_683x1024

手まり寿司(45こ分)

材料

  • 米・・・4合、昆布10㎝くらい
  • 合わせ酢・・・酢 2分の1カップ、 砂糖 大さじ4、 塩 大さじ2分の1
  • 海老、ホタテ、鳥貝、赤貝、小鯛の笹漬、スモークサーモン、小茄子の漬物、高菜漬け など

つくり方

  1. 米は洗って30分くらいザルにあげておく。(今日は玄米を7分づきにしたもの)
    米に昆布をのせて炊き、飯台に空けてウチワで仰ぎながら合わせ酢と合わせる。
  2. 酢飯を30gづつ量って軽く丸めておく。
    ラップに、具を置き、その上に丸めた酢飯を置いて丸める。

★今日使った具は・・・海老(茹でて半分の厚さに切る)、ホタテとイクラと青じそ(ホタテは半分の厚さに切る)、小鯛と芽ネギ、赤貝と山椒の葉、スモークサーモンとイタリアンパセリ、鳥貝、小茄子浸け(半分の厚さに切る)、高菜漬け(水気を絞って巻きやすい大きさに切る)
刺身にはワサビも少しのせています。

★ご飯の量は20gくらいだと一口で食べやすいと思うけど、あんまり小さいと具が乗せにくいです。

Img_2427_683x1024

今日のごちそうは・・・スモークサーモンのサラダ、ハーブがトッピングのクリームチーズ、お刺身色々、天むすとお稲荷さん、出汁巻卵、手まり寿司、スペアリブ

Img_2428_1024x683_2

お手製のお稲荷さんと天むす。天むすって作ったことないわぁ。今度トライしてみたいなぁ。

Img_2430_1024x683

アメリア先生に教えていただいたスペアリブ。生のローズマリーやニンニクをすり込んで、オリーブオイルで煮ます。今日は高座豚で作りました。
とっても、さっぱりしていて美味しいの
先生ありがとうございます

Img_2429_1024x683

お刺身色々

Img_2451_683x1024

アイスクリームを添えたデザート。抹茶のムースとパイ。

そうそう!まだあったわ。駒沢公園の「かっぱ」の牛煮込み。写真は撮り忘れましたー
このお店、メニューはこれのみ。いつも混み混みで、カウンターの後ろでお客さんが待っているんだって!そしてお喋りは禁止だそう
濃いめの味付けでしたが、コンニャクと豆腐にもよく味がしみ込んでいて、ご飯と一緒に食べると美味しそう。
「時々食べたくなるんだよね~」とA君のお土産でした。

Img_2436_11024x683

マンションの角部屋。2方の窓から居ながらにしてお花見できます

K君、R子さん今年も楽しかったで~す。ありがとうございました

今年の井の頭公園は・・・

Img_2368_1024x683

3月28日

「こぶし」も満開。

Img_2390_1024x683_2

4月3日

Img_2392_1024x683

★ブログランキングに登録していま~す。ここ→ をクリックして応援してね(#^.^#)

オーガニック料理 ブログランキングへ

 

続きを読む "お花見の手まり寿司"

| | コメント (0)

2014年8月19日 (火)

ストウブ鍋で和風のパエリア

先月、新宿伊勢丹で先行販売のストウブ鍋を見つけました~パエリアは時々柳宗理の鉄鍋で作っていましたが、やっぱりこの浅いストウブ鍋で作ると美味しいね

ちょうどテレビで「もこみち君」が鎌倉野菜を使ってパエリアを作っていたので、私は三芳村(館山)の野菜で作ってみました
野菜とアサリがたっぷりで、鰹出汁で炊くのであっさりといただけます。おかわりおかわりしてしまいました~。(ちっとも夏痩せしないわたし・・・)

Img_0731_683x1024

材料

  • 米・・・2カップ
  • アサリ
  • シラス干し・・・100g
  • プチトマト・・・10こ
  • 万願寺トウガラシ・・・3本
  • ピーマン・・・2こ
  • 玉ねぎ・・・1こ
  • ニンニク・・・2片
  • アサリの蒸し汁と出汁を合わせて・・・480cc
  • しょう油・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ2
  • バター・・・大さじ1
  • オリーブオイル

つくり方

  1. 米は洗ってザルにとり、30分くらいおく。
    ニンニク、玉ねぎはみじん切り、プチトマトは半分に、ピーマンと万願寺トウガラシは食べやすい大きさに切る。
  2. 鍋に酒と洗ったアサリを入れてフタをし、アサリの口が開いたらザルでこし、汁を分けておく。
  3. 鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたニンニクと玉ねぎをよく炒める。
    この上に米を加えてよく炒める。
    これに出汁とアサリの蒸し汁を加えて混ぜ、トマト、ピーマン、万願寺トウガラシを加えて沸騰したらフタをして弱火にし、12分炊く。
  4. 13分経ったらアサリとシラス干しを加えて、あと2分弱火で炊く。
    火を止めてバターを上に散らし、10分くらい蒸らして出来上がり

Img_0714_683x1024←今日使った野菜・・・トマト(アイコかな?)、万願寺トウガラシ、ピーマン、玉ねぎ、ニンニク

先週の野菜

Dsc_3368_1024x768

トマト、ナス、万願寺トウガラシ、モロヘイヤ、空芯菜、瓜、オクラ、カボチャ、青じそ、ニンニク、卵

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→ をクリックして応援してね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2013年9月16日 (月)

新米でおにぎり

新米が届きました~ お米と梅干が届いたので、もう、これだけで幸せ~な気持ちでいっぱいです。やっぱり日本人なのね~。お米が一番

うちでは「はざかけ玄米」を注文して、それを7分づきに精米していただいています。(ヌカはぬか漬けに使ったり、生産者に返して鶏のエサにしてもらったり・・・と余さず活用です

Img_6484_940x1024

今日のお昼は、去年届いていた「ゆかり」とじゃこ入り。それと、梅干しとひじき入りのおにぎりです。
新米は水分が多いので、いつもより一割くらいお水を減らして炊くと美味しく出来上がります。

それにしても、炊き立ての新米はモチモチで美味しい ついつい食べ過ぎてしまうゎ

Img_1324_683x1024

Img_1317_683x1024

「はざかけ」とは、こんな風に竹の竿に刈り取った稲を干す事です。(これは千葉県館山の生産グループの田んぼです。地方によって色々な干し方があるそうですね) このまま一週間くらいお日様に干してから脱穀します。

そういえば、ドイツ在住の甥が、「ドイツのスーパーではビニール袋に少量のお米が入ったものが売られていて、お湯を沸かした中に袋ごと入れて茹でて食べるよ」と言っていたのを思い出しました。欧米で、お米は野菜の感覚なのね (でも、ちょっと可哀想になって、帰国の時お米をプレゼントして持って帰ってもらったわ・・・重たいトランクになったね。きっと

Dsc_2110_600x800

東京は台風一過。ちょっと日が差してきました。(PM2時) 日本列島を縦断している台風。たくさんの被害をもたらしているようですね。どうぞ、気をつけてお出かけください。

★ブログランキングに登録していま~す。ここ→ をクリックして応援してね(*^。^*)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2013年5月23日 (木)

岡山のばら寿司

私は只今故郷に帰省中。母のリクエストで岡山のばら寿司を作りました~。「ばら寿司」とは「ちらし寿司」の事です。

Dsc_1558_1024x768

材料

酢飯

  • 米・・・1升 、昆布、水・・・米の一割増、酒・・・2分の1カップ、
  • 合わせ酢・・・米酢 1カップ、塩 大さじ2、砂糖 80g、鰆の酢 2分の1カップ

酢飯に混ぜる具

  • まず、昆布と鰹節で出汁をたくさんとっておく。
  • 蕗・・・塩で板ずりし、たっぷりの水で茹でて皮をむく。出汁、しょう油、砂糖で煮る。
  • ゴボウ・・・ささがきにして水にさらしておく。出汁、しょう油、砂糖、みりん、塩で柔らかく煮る。
  • ニンジン・・・細かく切り、出汁、砂糖、塩、しょう油、酒で煮る。
  • 高野豆腐・・・水に浸して戻しておく。出汁、砂糖、塩、しょうゆで煮含める。
  • かんぴょう・・・塩でよくもみ洗いをして、さっと茹でる。出汁、砂糖、しょう油、塩で煮含め、冷めたら細かく切る。
  • 干しシイタケ・・・あらかじめ水で戻しておく。千切りにして、しょう油、砂糖、みりんで煮含める)

上に飾る具

  • エビ(あれば大ぞう海老10尾)・・・(背ワタを取って、水、塩、砂糖で煮る)
  • 鰆(さわら)・・・(1cm巾くらいに切り、薄く塩をしておく。寿司を作る30分くらい前にひたひたの酢に浸けておく・・・この酢は酢飯に使う)
  • 焼き穴子(6本くらい)・・・(しょう油、みりん、砂糖、酒でさっと煮る)
  • 茹で筍・・・出汁、みりん、塩で煮る。
  • 錦糸卵(卵6こ)・・・砂糖、塩で味付けして薄焼きにする。
  • キヌサヤ・・・さっと塩ゆでする。
  • レンコン・・・3mm幅くらいに切り、酢水に浸けておく。出汁、砂糖、塩で煮る。
  • 酢タコ・イクラなど

   ★秋には「ママカリ」や「松茸」を使っても美味しいです。

Dsc_1566_768x1024

ばら寿司はハレの日のご馳走でした。お祭りやお客様が見える時、そして私や妹が帰省する時なども、母は必ずたくさんのばら寿司を作ってくれていました。
母もだんだん手の込んだものは作れなくなり、今回の私の帰省でリクエストされ、妹と一緒に叱咤激励されながら作りました~。しかーし、二人で力を合わせても3時間も時間がかかってしまい、お寿司が出来た頃には、クタクタに~~~。昔の女性は強かったね・・・

(そう、そう、近所の魚屋さんは小学校時代の同級生。親子3代で今も魚屋さん、頑張っています。ばら寿司を作る時は、前日お寿司用に鰆を頼んでおくと、「お米はどのくらい炊く?1升分?」などと聞いてくれ、あらかじめお米の分量に合う鰆などを薄切りにして塩をした状態で用意してくれます。
最近、配達してもらえる事を知り、早速お願いしてみました。実家は坂道の上ーーーの方なんだけれども、配達料もなしでバイクで運んでくれました。赤野君ありがとう~! また宜しくね

★ブログランキングに登録していま~す! ここ→をクリックして応援してね(#^.^#)

オーガニック料理 ブログランキングへ

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

鶏ガラスープで中華おこわ

野菜の生産グループで飼っている鶏は2年間卵をうんでもらって、そのあと鶏肉にします。鶏ガラも欲しい人には分けてもらえるので、私はせっせとチキンスープを作って冷凍しておきます。(もっと作りたいけど、冷凍庫はぎゅうぎゅう。専用の冷凍庫が欲しいなぁ)

食品棚に、去年注文した筍の水煮を発見しました。もち米、干しシイタケとニンジン、ショウガも届いているし・・・中華おこわを作ろうっと
今日はストウブ鍋で作りました。あっという間に出来て、鶏ガラのコラーゲンたっぷりの嬉しいおこわです。(ストウブ鍋なくても厚手の鍋でOKですよ~)

Img_5577_1024x905

材料

  • もち米・・・2カップ
  • 干しシイタケ・・・10g
  • 筍の水煮
  • ニンジン・・・小1本
  • ネギ・・・1本
  • ショウガ・・・2分の1かけ
  • 焼豚・・・60~80g
  • ごま油
  • 煮汁・・・シイタケの戻し汁とチキンスープを合わせて2カップ、しょう油 大さじ2、酒 大さじ2、オイスターソース 大さじ1と半、五香粉 小さじ2分の1

★炊飯器で炊く場合は、炊飯器の2カップの目盛りまで水分を足してくださいね。

つくり方

  1. もち米は洗って、ザルに30分くらいあげておく。干しシイタケは、ひたひたの水に浸けておく。
    ニンジン、筍、シイタケ、焼豚は5mmくらいの角切りにする。ネギは小口切り、ショウガはみじん切りにする。
  2. 鍋にごま油(小さじ1)を熱してショウガを炒め、続いて煮汁ともち米以外の材料を加えてさっと炒め、もち米と煮汁を加える。
  3. 火を強火にして、沸騰したら弱火にし、10分煮て火を止め、10分くらいそのまま蒸らす。

Img_5568_856x1024_2材料はとってもシンプル。干しえびがあれば、もっとコクがでます。

Img_5569_1024x683

鶏ガラスープのつくり方

Img_5540_1024x683←鶏がらは、熱湯にさっとくぐらすか、熱湯を回しかける。

Img_5544_1024x683←ガラに水を加えて、くず野菜を入れ(今日は、ニンジン、ネギ、ショウガ、白菜の外葉)アクをすくいながら1時間くらい煮込み、ザルに布巾をしいて濾す。

Img_5549_683x1024←冷凍のキューブにして、冷凍用ビニール袋に入れて、冷凍保存しておきます。この製氷皿はスープ専用にしています。

 

Dsc_1160_1024x768

今週届いた野菜

ブロッコリー、小松菜、ネギ、チンゲン菜、レンコン、ニンジン、ショウガ、大根、切干大根、卵

全国的に?昨日から突然暖かくなってきましたね東京も昨日の最高気温が16℃。やっとやっと春が近づいてきているようで嬉しいなぁ  なにしろ私!今年の寒さでついに足にしもやけが出来てしまったのよ~  若い子(20代)に話したら、「あー、それって聞いたことあるけど、どんな風になるのかな?見てみたい」 。 年上のワンコ友達も、「あら、子どもの頃しもやけの子達いたけど、今は暖房設備もあるし、聞かないわねぇー」って驚かれました~~~。(はい、うちにもばっちり暖房設備はあるんだけどね~

昨日は早朝からヘリコプターが何台も上空を飛んでいるな、と思ったら、朝のテレビで吉祥寺で若い女性が暴漢に襲われて亡くなるというニュースが。吉祥寺に買い物に出るのも恐々でした。「お金を奪うため誰でも良かった」という卑劣な犯行に驚きです。

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→をクリックして応援してね(#^.^#)

オーガニック料理 ブログランキングへ

| | コメント (0)

2009年10月28日 (水)

松茸ごはん

カナダの友人から松茸が届きました~ 
松茸なんて久しぶり おまけに、こんなにたくさん
早速、松茸ご飯にしていただきました。 香りもよくて、美味しかったよー。ありがとうーーー

Img_5214

材料

  • 松茸・・・2本
  • アゲ・・・1枚、出汁・・50cc、酒・・小さじ2、しょう油・・小さじ1
  • 米・・3号、出汁、酒・・・大さじ2、しょう油・・・大さじ1、塩・・・小さじ2分の1

つくり方

  1. 昆布と鰹節で出汁をとっておく。
    米はといで、20~30分ザルにあげておく。
  2. アゲは短冊に切り、出汁、酒、しょう油で煮汁がなくなるまで炊く。
    松茸は、ぬれ布巾で汚れを取り、縦に5mm幅くらいに切る(長いものは半分に切る)。
  3. 炊飯器に、米と出汁(炊飯器の3合の分量)、酒、しょう油、塩を入れ、アゲと松茸を乗せて炊く。

Img_5199

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

続きを読む "松茸ごはん"

| | コメント (2)

2009年2月 2日 (月)

ARROZ DOCE(りんごのライスプディング)

アメリアさんに、ライス プディングを教えていただきました
とっても優しい味で、赤ちゃんの離乳食や風邪ひきの時にも食べたいデザートです

Img_3015

材料

  • 米・・・1カップ
  • リンゴ・・・1こ
  • コンデンスミルク・・・大さじ5くらい
  • レーズン・・・2分の1カップくらい、クローブ・・・少々、シナモンパウダー・・・少々、塩・・・一つまみ

つくり方

  1. レーズンはお湯に浸して柔らかく戻しておく。
    米は洗ってザルにあげておく。
    圧力釜に米と水4カップを入れて10分炊く。(又は、炊飯器に米と水カップ5を入れて炊く)
  2. 米が炊き上がったら、細かく切ったリンゴとクローブを加えてリンゴが柔らかくなるまで弱火で煮る。(焦げやすいので、木じゃくしで混ぜながら弱火で。水分がなくなったら水を足してもOK)
  3. リンゴが柔らかく煮えたら、水気を切ったレーズンと塩を加えて弱火で煮る。
    煮あがったら、シナモンパウダーをふりかける。

★熱いままでも、冷やしていただいても美味しいです

★ブログランキングに登録しています!ここを→ブログランキングクリックして応援してね(^_-)-☆

続きを読む "ARROZ DOCE(りんごのライスプディング)"

| | コメント (5)

2008年12月 1日 (月)

玄米粉のシチュー

玄米粉を使ったメニューをもう一つ。
めだかさんに教えていただきました~ ありがとう~
玄米粉だけで、どうしてシチューが出来るのかな?って思っていたら、本当に玄米でしっかり「とろみ」がついてびっくり!!
簡単に作れて、ヘルシーなマクロビオティックメニューです。

Img_2677

材料

  • じゃが芋、ニンジン、カブ、タマネギ、レンコンなど
  • 干しシメジ(今日は、干しシイタケで)
  • 玄米粉・・・大さじ2~3
  • 昆布(5センチ角くらい)、ごま油、塩

つくり方

  1. タマネギは薄切りにする。野菜類は一口大に切る。
    鍋にごま油大さじ2を熱し、タマネギをよく炒める。この上に玄米粉を加えてよく炒める。
  2. 1に、水を少しづつ加えて溶きのばす。
    この上に野菜を加え、昆布、干しシメジも加えて、野菜が柔らかくなるまで煮込む。(今日は干しシイタケを使ったので、あらかじめ水で戻しておく)
    最後に、カブの葉を散らし、塩で味をととのえる。

Img_2672

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

★生産者の八木さーん!玄米粉、待ってま~す

| | コメント (2)

2008年11月22日 (土)

玄米粉とココナッツミルクのケーキ

三芳村に、新穀感謝祭に行ってきました。
生産物の販売もあって、みゅうは玄米粉をゲットしてきました。
そういえば以前、アメリアさんに米粉とココナッツミルクのケーキを教えていただいたのを思い出して、ちょうど可愛いケーキ型も借りていたので、玄米粉を使ってケーキを焼いてみました。
玄米粉のモチモチとココナッツミルクが不思議に合って、ほんとーに美味しかったです
八木さ~ん!(生産者です)、もっと玄米粉つくってください!!

Img_2514

材料

  • 玄米粉・・・100g
  • ココナッツミルク・・・100cc
  • 卵・・・3こ
  • 砂糖(今日は、きび砂糖で)・・・80g
  • バター・・・50g

つくり方

  1. バターは室温に戻しておく。
    ボールにバターを入れ、泡だて器でよく混ぜてクリーム状にする。
    この上に砂糖を加えてよく混ぜ、卵黄を一つづつ加えてよく混ぜる。
  2. 別のボールに卵白を泡だて器でよく混ぜ、メレンゲを作る。
    1のボールにメレンゲを半分入れてさっくりと混ぜ、米粉とココナッツミルクを交互に入れながらヘラで混ぜる。最後に残り半分のメレンゲを加えてさっくりと混ぜる。
  3. 型にバターをぬるか紙を敷いて生地を流し入れ、180度に熱したオーブンで30分くらい焼く。竹串を刺して、何もついていなければ出来上がり。

Img_2496_2

玄米粉

Img_2510

「く~ん・・・みゅうにはたまらない匂い

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

Img_2425_2

新穀感謝祭

Img_2456_1

盛り上がった「ダーツゲーム」
大当たりは、なんとー新米10キロ
しかーし!大当たりの隣には、「生産者とのチークダンス」が・・・

Img_2484_1

着ぐるみで「チークダンス」

楽し~い一日でした。たくさんのご馳走もありがとうございました!!

続きを読む "玄米粉とココナッツミルクのケーキ"

| | コメント (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

インドネシア ウメ(梅) ウリ(瓜) エダマメ(枝豆) エンサイ(クウシンッァイ、空芯菜) オクラ カブ(蕪) カボチャ(南瓜) カリフラワー キヌサヤ・スナックエンドウ キノコ キャベツ キュウリ(胡瓜) クリ(栗) グリーンピース・ソラマメ(蚕豆) グルメ・クッキング コマツナ(小松菜) コンニャク ゴボウ(牛蒡) ゴーヤ(苦瓜) サツマイモ(薩摩芋) サトイモ(里芋) サヤインゲン シイタケ(椎茸) シシトウ シソ(紫蘇) シュンギク(春菊) ショウガ(生姜) ジャガイモ セロリ タケノコ(筍) タマネギ、葉タマネギ ダイコン(大根) ダイズ(大豆)、キナコ(きな粉) チンゲンサイ トウフ(豆腐) トウモロコシ トマト ナス(茄子) ナノハナ(菜の花) ニュース ニラ(韮) ニンジン(人参) ニンニク ネギ(葱) ハクサイ(白菜) ハヤトウリ パセリ ピーマン フキ(蕗・蕗のとう) ブラジル料理 ブロッコリー ホウレンソウ ミズナ(水菜) モロへイヤ ユズ(柚子)・キンカン(金柑)・夏みかん レタス レンコン(蓮根) ワインとチーズ 今週の野菜 住まい・インテリア 冬野菜 卵料理 塩麹 天然酵母パン・パン 山菜 文化・芸術 旅行・地域 海藻 米と麺 米粉 肉料理 調味料と台所用品 野菜と果物のデザート 野菜のカレー 魚料理