2012年10月16日 (火)

そうめんカボチャのサラダ

そうめんカボチャを初めて見た時は、「えー!これ、ほんとにカボチャなの??」って、びっくりしましたが・・・

先日アメリア先生が、「そうめんかぼちゃのソテー」や「そうめんカボチャのスフレ」「そうめんカボチャのジャム」を作ってきてくださいました。う~ん、色んな料理に出来るのね
その時いただいたカボチャをサラダにしてみました。エへへ・・・とっても簡単 先生、次はスフレなんかも教えてくださいね

Img_4849_822x1024_3

材料

  • そうめんカボチャ・・・1こ
  • 生ハム
  • イタリアンパセリかパセリ
  • ドレッシング・・・オリーブオイル 大さじ2、ホワイトワインビネガー 大さじ1、コショウ

つくり方

  1. そうめんカボチャは、横半分に切ってスプーンで果肉を取り出し、塩ゆでする。
  2. 生ハムとパセリは細かく切り、ドレッシングを作って全部を合わせる。
    生ハムに塩気があるので、塩は入れていません。

Img_4836_800x747

Dsc_0613_1024x768

先週届いた野菜・・・さつま芋、キュウリ、空芯菜、ニラ、オクラ、新ショウガ、ニンニク、ゆかり、卵

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→ をクリックして応援してね(*^。^*)

オーガニック料理 ブログランキングへ

(先週から肩こり、首こりがひどくって、マッサージに行ってきましたが、「左の鎖骨が痛いなんて、これ目からきてるんじゃないですか?変な姿勢でPCしていませんでしたか?」って言われた。あ!そうだ。PCしながら横目で錦織圭君をずーーーーっと応援していたんだわ。「圭君、おめでとう~日本でこんな素晴らしい結果を残してくれるなんてほんとにうれしいわ~」)

| | コメント (0)

2012年10月 1日 (月)

カボチャとチーズのサラダ

先々週だったか、大きなカボチャが届いていました。煮付けにしたり、グリルで焼いたり・・・と色々に楽しんで、残りはチーズ(マスカルポーネ)であえてサラダにしました。
ティラミスで有名なマスカルポーネですが、柔らかくて塩分も少なく、すこーし甘みもあって、ふかふかのチーズです。カボチャとあえるとより?ふかふかサラダになって、いくらでもいただけてしまいます

Img_4788_853x1024_2

材料

  • カボチャ・・・(わたを取って)400g
  • チーズ(マスカルポーネ)・・・大さじ4~5
  • 塩・・・一つまみ、コショウ

つくり方

カボチャはわたを取って皮ごと蒸し、すりこ木やマッシャーでつぶす。粗熱が取れたら、マスカルポーネであえ、塩、コショウをする。

カボチャにはビタミンA,Cやカロテンがたっぷり免疫力もアップするのでお肌もきれいになって風邪の予防もバッチリです皮にも栄養たっぷりなので、捨てないで使ってね。

Img_4651_2_1024x964_2

Dsc_0605_715x800

北海道産のマスカルポーネ。吉祥寺近辺の方・・・三浦屋においてあります。

Dsc_0561_1024x822

先週届いた野菜・・・キュウリ、ナス、ピーマン、シシトウ、オクラ、空芯菜、新しょうが、ニンニク、卵、梅干し

Dsc_0602_600x800

台風一過。昨夜は夜中まで暴風が吹きつけていて、なかなか寝付けませんでした(屋根にピシピシと枝が降ってくるのよー)  日本中に被害をもたらしたようですね。朝おもてを見てビックリ!!玉川上水道からたくさんの葉っぱや枝が降ってきてましたー(ベランダも大変なことに・・・)

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→をクリックして応援してね(*^。^*)

オーガニック料理 ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年10月 4日 (火)

天然酵母のカボチャのピタパン

北海道から、共同購入している無農薬のカボチャが届きました。三芳村からもカボチャが届きます(嬉しい悲鳴!!)
まずは、カボチャの煮物を作って、あとは蒸し器で蒸して、皮ごとフードプロセッサーでマッシュして小分けにして冷凍しました。これがあれば、いつでもパンやお菓子が作れますよ~。

パンを焼きたいけど、あまり時間がない時でも(はい、天然酵母で焼くので時間がかかるのよ~)、さっと作れるピタパンなら2次発酵しなくても作れます。ピタパンって、中近東で食されているパンです。うちでは冷凍しておいて、朝オーブン(200度くらい)で温めて、サラダやハム、キュウリなんかを詰めていただいています。簡単なので、作ってみてね

Img_1856

材料

  • 強力粉・・・210g

  • 薄力粉・・・90g

  • カボチャ・・・種を取って150g

  • 塩・・・5g

  • 砂糖・・・一つまみ

  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • 水・・・110gくらい
  • 天然酵母種・・・60g

つくり方

  1. カボチャはわたを取って乱切りにし、柔らかく蒸す。これを皮ごとフードプロセッサーかポテトマッシャーなどでつぶしておく。
  2. オリーブオイル以外の材料をボウルに入れてこねる。(詳しいつくり方は、下の記事「グリーンピースのパン」を見てね)
  3. 2にオリーブオイルをもみこんで、こねる。
  4. 2の生地を一つに丸めてボールに入れ、30℃で2時間くらい発酵させる。(2倍くらいの大きさになる)
  5. オーブンを230度に温めておく(天板も一緒に温めておく)。3を、80gくらいづつに分け、粉をふった台の上で麺棒で15~16㎝に伸ばす。
  6. オーブンに4を入れて8分くらい焼く。

Img_1864_2

Img_1837_2

Img_1845_2

★オーブンを熱くしておいて、生地を入れると、プーッとふくらみます。これを半分に切ったり、端を少し切ってサラダやハムなど詰めていただくと、美味しいですよ~

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→ブログランキングをクリックして応援してね(#^.^#)

| | コメント (0)

2009年9月22日 (火)

かぼちゃケーキ

生産者に珍しいかぼちゃをいただきました。Yさんありがとうございま~す

名前は、「つるくびかぼちゃ」というそうです。なるほどね~。鶴の首のような形だわ。
早速蒸していただいてみました。
栗かぼちゃのような、ほくほく感はないけど、さつま芋とかぼちゃを混ぜたような味。
蒸したかぼちゃを使ってカップケーキを焼いてみました。

Img_5010

鶴首南瓜

Img_4996

材料

  • かぼちゃ・・・(種をとって)300gくらい
  • 小麦粉・・・150g
  • 卵・・・1こ
  • 粗製糖・・・70g
  • バター・・・50g
  • ベーキングパウダー・・・小さじ1

つくり方

  1. バターは室温に戻しておく。小麦粉とベーキングパウダーはふるっておく。
  2. かぼちゃは、ざく切りにして柔らかく蒸し、熱いうちに、ポテトマッシャーかすりこぎでつぶす。
  3. ボールに砂糖とバターを入れ泡だて器でよく混ぜ、この上に卵を加えてよく混ぜる。
  4. 3に、小麦粉とベーキングパウダーを加えてへらで混ぜ、最後につぶしたかぼちゃを加えてさっくりと混ぜる。
  5. 4をカップに入れ、180度に熱したオーブンで15分くらい焼く。

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

続きを読む "かぼちゃケーキ"

| | コメント (2)

2008年9月22日 (月)

カボチャの蒸しパン

共同購入している、北海道の無農薬のカボチャが届きました。
蒸しパンにしてみたら、モチモチで、おやつにピッタリに出来上がりましたよ~

Img_1551

材料(直径18cmのケーキ型)

  • カボチャ・・・種をとって200gくらい
  • 小麦粉・・・150g
  • 卵・・・3こ
  • 砂糖(今日は、てんさい糖)
  • クルミ・・・2分の1カップ
  • ベーキングパウダー・・・小さじ2

つくり方

  1. カボチャはざく切りにして柔らかく蒸す。(カボチャの皮は好みで半分くらい残しておく)
  2. 小麦粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。
    クルミはざく切りにしておく。
  3. ボールに卵と砂糖を入れ、泡だて器でよく混ぜる。(今日はフードプロセッサーで)
  4. 3に、すりこぎかポテトマッシャーでつぶしたカボチャを加えて混ぜる。(フードプロセッサーの場合、カボチャはそのまま加えてつぶす)
  5. 4に、小麦粉とベーキングパウダーを入れてさっくり混ぜ、クルミも加えて、油をぬった型に流し入れ、蒸気のたった蒸し器で20分くらい蒸す。
    竹串を刺して、何もついていなければ出来上がり。

★ブログランキングに登録しています!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

有機農業研究会コラム←こちらも見てね

続きを読む "カボチャの蒸しパン"

| | コメント (5)

2007年8月20日 (月)

夏野菜と車麩(ふ)のくず餡

今日も東京は、36度の猛暑日になっているそうですよー(ーー;)
夏野菜をいっぱいいただいて、猛暑を乗り切りましょう!

先日、「東京ミッドタウン」の「サントリー美術館」の中にあるお麩屋さんのカフェでいただいた、夏野菜と車麩の出汁煮を思い出して、作ってみました。
きちんと出汁をとって、薄味で、野菜の味をそのままいただくと、美味しいと思いますよ~(^_-)-☆

Img_6248

材料(3~4人分)

  • ナス・・3本
  • カボチャ・・(小)2分の1こ
  • ニンジン・・1本
  • オクラ・・10本
  • 車麩・・4こ
  • 出汁・・・6カップ(水・・6と2分の1カップ、昆布・・10センチくらい、鰹節・・一つかみ、塩・・小さじ1、酒・・小さじ1)
  • くず粉・・大さじ1(なければ片栗粉)
  • しょうゆ・・小さじ1
  • Img_6221

  • 昆布は5センチくらいの長さに切って、ビンに入れておくと、すぐに使えて便利(^^♪

つくり方

  1. 出汁をとる・・・水に昆布を入れて、しばらく置いておく。このまま火にかけて、沸騰する直前に昆布を取り出す。この上に削り鰹を入れて、沸騰したら火を止める。
    1~2分経って鰹節が沈んだら、布巾でこす。(「つづき」の写真を見てね)
  2. 車麩を水に浸してやわらかく戻す。(野菜を切る間、水に浸けておく)
  3. ナスは1、5センチくらいの角切りにして、水に浸けてアクを取る。
    ニンジン、かぼちゃも、1、5センチくらいの角切りにする。
  4. とった出汁に塩と酒を入れ、ニンジンとナスを入れて5分くらい煮る。
    この上にカボチャと、手で軽く水をしぼった麩を入れ、野菜類がやわらかくなるまで煮る。
    最後に切ったオクラを加えてさっと煮て、しょう油を入れ、同量の水で溶いたくず粉を入れてとろみをつける。

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

続きを読む "夏野菜と車麩(ふ)のくず餡"

| | コメント (2)

2006年8月14日 (月)

夏野菜の揚げ浸し

今朝、送電線の事故で、東京は3時間近くも電車やエレベーターが止まって、大パニックになりました。

去年のブログを見ると、似たようなレシピがあるけど・・・3日も書かないとちょっと寂しいので、今日は夏野菜を素揚げにして、だし汁に浸しておいた今夜のメニューを書きます。このまま冷蔵庫で冷やしておいても、GOOD(*^_^*)

Img_1308

材料

カボチャ・・(小)2分の1こ、ナス・・3本、シシトウ・・10本、ピーマン・・2こ、オクラ・・10本
だし汁・・・(水・・2カップ、しょう油・・2分の1カップ、みりん・・2分の1カップ、かつお節・・一つかみ、昆布・・5センチ、塩・・小さじ2分の1)
みょうが、ショウガ

つくり方

1・・だし汁の材料を全部鍋に入れて、沸騰したら2~3分煮つめて、漉しておく。
2・・カボチャは種を取って乱切り、ナス、ピーマンは4つ割り、シシトウは小さく切れ目を入れて、素揚げする。
素揚げした野菜をだし汁1カップ半に漬けて、しばらく置いて、すりおろしたショウガや千切りにしたミョウガといただく。

★このだし汁は、実は我が家の「素麺つゆ」です。多めのレシピです。素麺つゆにしてね。→素麺のつゆ

★ブログランキングに登録しています!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

| | コメント (4)

2006年8月10日 (木)

ブログ開設一周年(#^.^#)・かぼちゃのムース

今日でブログ開設一周年です!! わぁ~い(#^.^#)
路地栽培をしている自然農法の野菜の会に入って24年。
季節の野菜料理の記録をとっておこうと思って、始めたブログですが・・・
はじめは友人達と家族だけだった読者が、「野菜料理の検索」などで、どんどんたくさんの人が見に来てくれるようになり、とっても励みになりました。
また、全国のお顔を知らない人たちもコメントを書いてくださり、とっても嬉しかったです。

自分のオリジナルや、野菜の会の先輩ママや、友人、妹や母に教わったり、ブラジル料理やインドネシア料理を習ったり、料理本を参考にしたり、・・・とレシピは、400近くにもなりました。

野菜の会から届く野菜を一年載せてみました。
一年分を見ても、こんなにたくさんの野菜を作って下さっているんだなぁ・・・。と、改めて生産者に感謝です。

今まで、一週間に6日~7日のペースで書いてきましたが、これからは新しいレシピを考えたり教わったりした時だけ、のんびりと書いていこうと思います。
こんな拙い料理レシピを、毎日のように見に来てくださり、ありがとうございました~(^_-)-☆

カボチャのムース

冬までもつカボチャですが、日本の旬は夏です。原産地はアンデスだそうです。ビタミンCやEがたくさん含まれていて、胃腸の粘膜を丈夫にしたり、風邪を予防する働きがあります。
今週、残っている野菜は、かぼちゃ半分だけになりました。(今年は梅雨が長かったので、夏野菜がいつもの年に比べて少ないです)
今週、かぼちゃの煮物は何度も作ったので、デザートを作ることにします♪
その他のかぼちゃ料理は、こちらを見てね→かぼちゃ

Img_1251

材料

カボチャ・・(小2分の1こ)種を除いて500g、牛乳・・300cc、生クリーム・・1カップ、粗製糖・・50g、粉ゼラチン・・10g

作り方

1・・カボチャは種を取ってざく切りにして(皮付きのまま)、柔らかく蒸して、すりこぎかフードプロセッサーで細かくつぶす。
粉ゼラチンは、50ccくらいの水でふやかしておく。
2・・鍋に牛乳と砂糖を入れて温めて砂糖を溶かし、この上にふやかしたゼラチンを加えて、よく溶かす。
この上に、つぶしたカボチャを加えて、泡だて器でよく混ぜる。
3・・2の荒熱が取れたら、生クリームをゆるく泡立てて加えて混ぜ、器に入れて冷蔵庫で冷やし固める。

★ブログランキングに登録しています!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

続きを読む "ブログ開設一周年(#^.^#)・かぼちゃのムース"

| | コメント (14)

2006年7月20日 (木)

かぼちゃとじゃこ揚げ

昨日の残りのカボチャを使って、大好きな「キハチ」のレシピで、「かぼちゃとじゃこ揚げ」を作りました♪

Img_0787

材料

かぼちゃ・・2分の1こ、じゃこ・・2分の1カップ、ニンニク・・1かけ、赤トウガラシ・・1本、塩、オリーブオイル・・大さじ2

つくり方

1・・かぼちゃは種を取って、1センチ巾くらいの厚みのくし型に切り、油で揚げる。
2・・ニンニクはみじん切り、赤トウガラシは小口切りにする。 
フライパンにオリーブオイルを熱して、ニンニク、赤トウガラシ、じゃこをかりっと炒める。
これとかぼちゃを合わせて、塩少々で味を整える。

★ブログランキングに登録しています!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

| | コメント (4)

2006年7月19日 (水)

かぼちゃのふかふかドーナツ

この夏初めて、かぼちゃが届きました。冬至の頃までもつカボチャですが、旬は夏です。
かぼちゃのナンを作ろうか、かぼちゃのパンケーキもいいなあぁ・・・と悩んだあげく(小さいカボチャだからね)、ふかふかのドーナツにしました。

Img_0785

材料(12こ分くらい)

かぼちゃ(2分の1こ)・・300g、小麦粉・・100g、卵・・1こ、ベーキングパウダー・・小さじ1、粗製糖・・大さじ2

つくり方

1・・カボチャは種を取ってざく切りにして、柔らかく蒸す。
蒸せたら硬い皮だけ包丁で取って(ビタミンCたっぷりの皮も、全部食べるといいよ)、すりこぎかフードプロセッサーでつぶす。
2・・1の荒熱がとれたら、卵と砂糖を混ぜる。
この上に、ふるった小麦粉とベーキングパウダーを加えて混ぜる。
まな板に打ち粉をして、1をスプーンで(小さいピンポン玉くらい)とって丸めて油で揚げる。

★かなり柔らかい種なので、スプーンですくって、そのまま揚げてもいいよ!
または、小麦粉を増やしてもいいよ!(少し硬くなりますが)

★甘さ控えめです。甘いのが好きな方は、砂糖をまぶしてね。

★ブログランキングに登録しています!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

続きを読む "かぼちゃのふかふかドーナツ"

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

インドネシア ウメ(梅) ウリ(瓜) エダマメ(枝豆) エンサイ(クウシンッァイ、空芯菜) オクラ カブ(蕪) カボチャ(南瓜) カリフラワー キヌサヤ・スナックエンドウ キノコ キャベツ キュウリ(胡瓜) クリ(栗) グリーンピース・ソラマメ(蚕豆) グルメ・クッキング コマツナ(小松菜) コンニャク ゴボウ(牛蒡) ゴーヤ(苦瓜) サツマイモ(薩摩芋) サトイモ(里芋) サヤインゲン シイタケ(椎茸) シシトウ シソ(紫蘇) シュンギク(春菊) ショウガ(生姜) ジャガイモ セロリ タケノコ(筍) タマネギ、葉タマネギ ダイコン(大根) ダイズ(大豆)、キナコ(きな粉) チンゲンサイ トウフ(豆腐) トウモロコシ トマト ナス(茄子) ナノハナ(菜の花) ニュース ニラ(韮) ニンジン(人参) ニンニク ネギ(葱) ハクサイ(白菜) ハヤトウリ パセリ ピーマン フキ(蕗・蕗のとう) ブラジル料理 ブロッコリー ホウレンソウ ミズナ(水菜) モロへイヤ ユズ(柚子)・キンカン(金柑)・夏みかん レタス レンコン(蓮根) ワインとチーズ 今週の野菜 住まい・インテリア 冬野菜 卵料理 塩麹 天然酵母パン・パン 山菜 文化・芸術 旅行・地域 海藻 米と麺 米粉 肉料理 調味料と台所用品 野菜と果物のデザート 野菜のカレー 魚料理