2015年12月16日 (水)

ゆずジャム

私達が今の家に越して来てから20年以上可愛がってくださったお隣の80代のご夫妻が、広い家屋敷を売ってマンションに引っ越しされました。「終活」だそうです。寂しい~~weep

「私達が引っ越すって分かったのかしら、今年は柿も柚子もたくさん実ってくれたわ」と言われ、お庭の柿や柚子などたくさんくださったので、早速ゆずジャムを作りました。残りのゆずは柚子味噌かポン酢にしようかなぁ・・・

Img_3809_1024x683

Img_3818_1024x831_1024x831

作り方は、3年前のこちらのページを見てね→ゆずジャム

パンにぬったり、お湯で割ってゆず茶にしていただいてます。ごちそう様でした。

★ブログランキングに登録しています!ここ→をクリックして応援してね(#^.^#)


オーガニック料理 ブログランキングへ

| | コメント (3)

2013年8月 3日 (土)

夏みかんのシャーベット

夏みかんがまだ残っていたのでシャーベットにしました。
果汁を搾って、蜂蜜を入れて凍らせて混ぜるだけ。簡単だけど、さわやかーなシャーベットです。抗酸化作用のあるビタミンCもたっぷりですよ~happy01
簡単すぎて、すみませ~んsweat01

Img_6264_800x1024

材料

  • 夏みかん・・・2こ
  • 蜂蜜・・・大さじ3
  • グランマニエ(オレンジのリキュール)・・・小さじ1

つくり方

  1. 夏みかんは半分に切って搾って果汁をとる。これに蜂蜜とリキュールを加えて混ぜ、密閉容器に入れて凍らせる。
  2. 1が凍ったらフードプロセッサーにかけて(様子をみながら、5秒づつくらいね)いただく。
    フードプロセッサーがない方は、時々冷凍庫から出してフォークでかき混ぜてねwink

Img_6255

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→をクリックして応援してね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2013年7月 3日 (水)

夏みかんの寒天よせ

6月に入って「夏みかん」がたくさん届きます。房総半島は温暖な気候なので、柑橘類がたくさんとれるようですね。冬から、「温州みかん」→「はっさく」→「甘夏みかん」→「夏みかん」と、夏までいろんな柑橘類が届きます。(お蔭様でわたしお肌つるつるwink) もちろん無農薬栽培なので、皮をマーマレードやピールにもしています。

今日は、ジュースを搾って寒天寄せにしました。酸味がとってもさわやか~なデザートです。

Dsc_1804_768x1024←写真は、みかん3こ分です

材料(4人分)

  • 夏みかん・・・2こ(果汁を搾って300cc)
  • 砂糖・・・50g
  • 寒天粉・・・4g
  • 水・・・200cc
  • (お好みで)グランマニエなどのリキュール・・・小さじ1
  • ミント

つくり方

  1. 夏みかんを横半分に切って汁を搾り、残った薄皮を取り除いておく。
  2. 鍋に水、砂糖と寒天粉を入れてよくとかし、弱火にかけて煮溶かす。
    粗熱が取れたら、搾った果汁とグランマニエを加えて混ぜ、夏みかんの皮の中に流し入れて冷蔵庫で冷やす。

Img_6147_800x722

↑20年くらい使っている「BRAUN製」のオレンジ絞り器。(物持ちが良すぎる、と言われる私dash圧力釜なんて30年も使ってるよhappy02 なかなか捨てられない・・・) これで柑橘類、何でも絞ります。とっても便利よ!

Dsc_1724_1024x768

先週届いた野菜・・・夏みかん、きゅうり、ネギ、チンゲン菜、大根、ニンジン、玉ねぎ、プラム、卵

安全な食べ物をつくって食べる会

先日は久しぶりにブラジル料理教室でした~happy01

Img_6089_779x1024_2

メニューは・・・オックステールの煮込み、クレソンのソテー、マッシュポテト、キヌア入りライス

Img_6092_1024x683

デザートは、生パイナップルとバニラアイスのアサイソース添え

オックステールの料理が家で出来るなんてsign03感動ものでしたー。おまけに、臭みもなくてとっても美味しいのdelicious アメリア先生ありがとうございました~heart

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→をクリックして応援してね(#^.^#)

オーガニック料理 ブログランキングへ

| | コメント (0)

2012年11月26日 (月)

ゆずジャム

母が庭に実った柑橘類をたくさん送ってきてくれました。箱を開けると・・・ユズ、花ユズ、みかんとレモンが一つ。とってもいい香りheart04
わぁ何作ろうかなぁ、と考えて、まず、本ユズを使ってユズジャムを作りました。パンにぬったり、お湯に溶かしてユズ茶にして飲んだり・・・と、大活躍です。

Img_5105_794x1024

材料

  • ゆず(今日は本ユズを使いました。上の写真は花ユズ。下の写真が本ユズ。握りこぶしくらいの大きさで、皮はゴツゴツしています)・・・2kg
  • 砂糖・・・1kg
  • グランマニエ(オレンジのリキュール)・・・大さじ1~2

つくり方

  1. ユズを洗って水気を取り、横半分に切る。これを、レモン絞り器などで果汁を絞る。(今日はたくさんあるので、電動のオレンジ絞り器・・BRAUN製・・を使いました。写真下のゆず絞り器も便利よ!・・貝印製・・)
    スプーンで、残った白い綿の部分を取る。種と綿は捨てないでね!
  2. 皮を細切りにする。たっぷりのお湯を沸かして、細切りにした皮を茹でこぼす。
  3. ボールに茹でこぼした皮を入れ、たっぷりの水を入れて、途中2~4回水を替えながら3~4時間くらいおく。(苦味が苦手な人は、水を何度か替えながら一日おく)
  4. ザルで3の水気を切り、鍋に、ゆずの皮、綿と種をだしパックに入れたもの、水1リットルを入れ、沸騰したら30分くらい煮る。
    皮が軟らかくなったら種を入れた紙パックを取り出し、ユズの絞り汁1カップと砂糖を加えて混ぜ、中火で30分くらい煮る。最後にグランマニエを加えて火を止める。

Img_5083_800x533

Img_5079_529x800_3

奥がオレンジ絞り器。手前がゆず絞り器。どちらも絞り汁だけ簡単にとれる優れものです。もちろん、手で絞ってもOK!

Img_5086_533x800

余った絞り汁はポン酢に使ったり、蜂蜜を入れてゆず茶にして飲んでねhappy01 冷凍しておいても便利!

Img_5092_800x533

一度茹でこぼしたあと、水に3時間位さらす。(苦味が大分とれます)

Img_5094_800x533

種と綿をだしパックの袋に入れて、皮と一緒に煮る。(ペクチンが出て、とろみがつきます)このあと、紙パックを取り出して、砂糖と果汁を加えて30分くらい煮る。

Img_5095_800x533_3

完成heart01

 

Img_5075_1024x758_3

Dsc_0749_1024x601

先週届いた野菜・・・生ピーナツ、シイタケ、ネギ、チンゲン菜、ピーマン、カブ、人参、大根、里芋、さつま芋、卵、鶏肉1羽分

chick先日、子どもたちと三芳村に芋ほりに行った時、みんなで泊まる家の隣の鶏処理場で、生産者達が鶏をつぶして鶏肉にしているところでした。鶏ガラや砂肝などいただいたので、早速、ガラでスープをとって根菜煮にし、砂肝は甘辛煮にしていただきました。
さっきまで生きていた鶏。まさに、命をいただきました。鶏の処理を見てきた子は、「私、お肉100%大好きだったけど、50%になったよsweat01」と、しんみり。でもちゃんと食べる事が出来ていました。良かった。

Img_5075_1024x758_2

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→をクリックして応援してね(#^.^#)

オーガニック料理 ブログランキングへ

| | コメント (0)

2012年3月16日 (金)

レンコンの橙(ダイダイ)和え

先日の縁農の時、生産者に橙(ダイダイ)をいただきました。酸味がとっても強く、ポン酢などの材料にもなります。
野菜の料理教室で、レンコンと和えたものを教えていただいたなぁnoteと思い出し、作ってみました。さわやか~な酸味がとっても美味しいdelicious  ビタミンCもたっぷりねwink

Img_3237

材料

  • レンコン・・・1節
  • 合わせ酢・・・橙の搾り汁 大さじ3、砂糖(今日は「洗双糖・・種子島や沖縄産のサトウキビで作った砂糖)大さじ1、塩 一つまみ

つくり方

  1. 橙を搾って、砂糖と塩を合わせておく。
  2. レンコンを薄切りにして、さっと茹で、(茹ですぎると、シャキシャキ感がなくなるので気を付けて!)橙の合わせ酢と和える。

Img_3225

★ブログランキングに登録していま~す!こちらのバナーをクリックして応援してね(#^.^#)


人気ブログランキングへ

今週届いた野菜

Img_0823

菜の花、ほうれん草、春菊、ブロッコリー、ネギ、シイタケ、みかん、干しニンジン、卵

| | コメント (0)

2010年12月15日 (水)

みかんココア

先日、三芳村に行って、みかん狩り縁農をしてきました~。美味しい空気の下、濃厚な味のみかんをいただきながらの「みかん狩り」。最高でしたーーheart04

そういえば以前テレビで、オレンジココアを作っていたのを思い出し、みかんで作ってみました。
さわやか~な、みかんの香りのするココア。ちょっと、はまってしまいそうnote

Img_9354

Img_8869

材料(2~3カップ分)

  • チョコレート・・・今日は、ヴェローナチョコ60g
  • 牛乳・・・3カップ
  • みかん・・・無農薬のみかんの皮1~2こ分

つくり方

鍋に、みかんの皮、牛乳、チョコレートを入れて火にかけ、みかんの香りが移るよう、弱火でゆっくりチョコレートを溶かし、ザルで漉していただく。

Img_9340

★ブログランキングに登録していまーす!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(*^。^*)

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

夏みかんサラダ

アメリアさんに「オレンジ サラダ」を教えていただきました~happy01
みゅう家には、春からずっと八朔(はっさく)や夏みかんが届いています。ちょっと目先を変えて、こんなデザートもいいね。お子ちゃまには、お酒抜きで作ってね。

Img_4098

材料

  • 夏みかん(八朔やオレンジでも)・・・3こ
  • 蜂蜜・・・大さじ4~5
  • コアントロー・・・大さじ1
  • グランマニエ・・・大さじ1
  • ミントの葉

つくり方

  1. 夏みかん1個の汁を搾る
    これに、蜂蜜、コアントロー、グランマニエを合わせる。
  2. 夏みかん2個分の房をとって、1の合わせ汁をかける。これにミントの葉を合わせて冷蔵庫で冷やしていただく。

★教えていただいたのは、ザクロの実も合わせて冷やしていただきます。食感もおもしろ    くて美味しかった~

(ガラスの器は、倉敷ガラスよ!)

★夏みかんの皮は、ピールにしてね。次回UPしま~すscissors

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

| | コメント (2)

2008年7月 6日 (日)

米粉と夏みかんのシフォンケーキ

アメリアさんに米粉と夏みかんで作るシフォンケーキを教えていただきました。
米粉で作ると、小麦粉よりももちもち感があって不思議な食感でした。夏みかんの搾り汁も入ってさわやか~♪。
今、夏みかんもたくさん届くので、たくさん作りたいなぁ。

Img_9775

材料

  • 米粉・・・100g
  • 卵黄・・・6個
  • 卵白・・・6~7個
  • 砂糖・・・90g
  • 夏みかんを搾った汁・・・100cc
  • サラダ油・・・90g

つくり方

  1. ボールに卵白を入れ、砂糖を少しづつ加えながらメレンゲを作る。(ボールを逆さまにしても落ちないくらいしっかりと。フードプロセッサーだと簡単です!)
  2. 別のボールに卵黄、砂糖、夏みかんの搾り汁、サラダ油を入れてよく混ぜ、米粉を加えて泡だて器でよく混ぜる。
  3. 2のボールに1のメレンゲを少しづつ加えてよく混ぜる。
  4. オーブンを180度に温めておく。
    型に生地を流し入れ、空気を抜いて、温めたオーブンで30分~35分焼く。
  5. オーブンから出したら、すぐに逆さまにして冷ます

Img_9744

★ブログランキングに参加しています!ここを→ブログランキングクリックして応援してね(^_-)-☆

★「インドネシアの島々で出会った布で作った服展」を開催中です♪
見に来てくださいね~。

Img

Img_0001

続きを読む "米粉と夏みかんのシフォンケーキ"

| | コメント (4)

2008年3月 7日 (金)

キャベツと八朔(はっさく)のサラダ

アメリアさんに、キャベツとみかんのサラダを教えていただきました。ポルトガル語だと、こんな感じ・・・(Salada de repolho ao molho agre-doce)。
教えていただいた時は、ミカンの缶詰を使ったんだけど、もちろん!生のミカンや伊予柑を使っても美味しいそう。
みゅうは今週、ハッサクが届いたので、ハッサクで作ってみました。
甘酸っぱくて、さわやか~なサラダです。

Img_9386

材料

  • キャベツ・・2分の1こ
  • ハッサク(ミカン、イヨカンなど)
  • ハチミツ・・大さじ2、酢・・30cc、砂糖・・小さじ1、塩・・一つまみ

つくり方

  1. ハッサクの薄皮をむいて実をとり、ハチミツをまぶしておく。
  2. キャベツの葉を洗い、食べやすい大きさに手でちぎり、塩一つまみを軽くまぶしておく。(「漬物じゃないから、塩もみしないでね」と言われたよ)
  3. 甘酢を作って、ボールに、キャベツと蜂蜜に漬けたハッサク、甘酢を入れて混ぜる。

★好みで、オリーブオイルなどかけていただいても美味しいそうdelicious

Img_9363 ←おっと~!!このまま全部食べてしまいたい♪

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

| | コメント (6)

2008年1月28日 (月)

柚子(ゆず)ケーキ

柚子をたくさんいただいたので、ゆずジャムを作りました。ジャムの作り方はこちらを見てね→ゆずジャム
お湯に溶かして、柚子茶にしたり、パンに付けていただいたり・・・と色々楽しんでいますが、ケーキに入れて焼いてみました。
ちょっぴり、ユズの皮のほろ苦さも残っていて大人のケーキです(^^♪

Img_8578

材料(直径18センチの型)

  • 薄力粉・・150g
  • 卵・・3こ
  • バター・・100g
  • ベーキングパウダー・・小さじ2
  • 砂糖・・60g
  • ユズジャム・・大さじ3
  • コアントロー

つくり方

  1. バターは室温に戻しておいて、全部の材料を計る。
    小麦粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。
  2. オーブンを180度に熱しておく。
  3. バターと砂糖を合わせて、泡だて器でよく混ぜる。
    この上に卵を1個づつ加えてよく混ぜる。
    この上に、ふるった小麦粉を2~3回に分けて入れ、ヘラでさっくりと混ぜる。
  4. 3に、ユズのジャムとコアントローをさっくりと混ぜて型に流し入れ、180度に熱したオーブンで30~40分焼く。
    竹串を刺して、何もついていなければ出来上がり♪

★全部の工程をフードプロセッサーでも作れるよ!(今日は、フードプロセッサーで・・)

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

続きを読む "柚子(ゆず)ケーキ"

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

インドネシア | ウメ(梅) | ウリ(瓜) | エダマメ(枝豆) | エンサイ(クウシンッァイ、空芯菜) | オクラ | カブ(蕪) | カボチャ(南瓜) | カリフラワー | キヌサヤ・スナックエンドウ | キノコ | キャベツ | キュウリ(胡瓜) | クリ(栗) | グリーンピース・ソラマメ(蚕豆) | グルメ・クッキング | コマツナ(小松菜) | コンニャク | ゴボウ(牛蒡) | ゴーヤ(苦瓜) | サツマイモ(薩摩芋) | サトイモ(里芋) | サヤインゲン | シイタケ(椎茸) | シシトウ | シソ(紫蘇) | シュンギク(春菊) | ショウガ(生姜) | ジャガイモ | セロリ | タケノコ(筍) | タマネギ、葉タマネギ | ダイコン(大根) | ダイズ(大豆)、キナコ(きな粉) | チンゲンサイ | トウフ(豆腐) | トウモロコシ | トマト | ナス(茄子) | ナノハナ(菜の花) | ニュース | ニラ(韮) | ニンジン(人参) | ニンニク | ネギ(葱) | ハクサイ(白菜) | ハヤトウリ | パセリ | ピーマン | フキ(蕗・蕗のとう) | ブラジル料理 | ブロッコリー | ホウレンソウ | ミズナ(水菜) | モロへイヤ | ユズ(柚子)・キンカン(金柑)・夏みかん | レタス | レンコン(蓮根) | ワインとチーズ | 今週の野菜 | 住まい・インテリア | 冬野菜 | 卵料理 | 塩麹 | 天然酵母パン・パン | 山菜 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 海藻 | 米と麺 | 米粉 | 肉料理 | 調味料と台所用品 | 野菜と果物のデザート | 野菜のカレー | 魚料理