2013年5月 3日 (金)

ワラビと厚揚げ煮

倉敷の山持ちの叔母がhappy02ワラビをたくさん送ってきてくれました。ワラビにはアクがたくさんあるので、手に入ったらすぐに木灰をまぶしておきます。

昨日は筍をいただき、早速茹でたので、冷蔵庫にはワラビと筍がたっぷりnoteあるよ~。来週カナダから友人が遊びにくるので、おいし~い和食を作ってあげよっとsign01楽しみにしていてね~。Hちゃんwink

Img_6047_1024x740

Img_5952_629x800

材料

  • ワラビ・・・茹でたもの30本
  • 厚揚げ・・・1枚
  • 出汁・・・1カップ、しょう油・酒・砂糖・・・各大さじ1

つくり方

  1. ワラビは下の方の固いところは切落とし、食べやすい長さに切る。
  2. 鍋に出汁と調味料を入れ、煮立ったらまずアゲを入れて弱火にして10分くらい煮、その後ワラビを加えて5分くらい煮る。

★ワラビの下処理の仕方

Img_5955_683x1024

ワラビは手に入ったらすぐに、木灰をまぶしておく。(以前、八百屋さんでワラビを見かけた時、灰もセットで付けてありましたwink でも、うちには染色用に木灰があるのよ~)

Img_5959_800x533

鍋にお湯を沸し、木灰をまぶしたワラビを入れ、再び沸騰したらすぐに火を消して数時間このまま置く。これを水を替えながらよく洗って灰を落とす。

★ブログランキングに登録しています!ここ→ をクリックして応援してね(#^.^#)

オーガニック料理 ブログランキングへ

| | コメント (1)

2012年3月30日 (金)

土筆(つくし)のお浸し

母が、蕗のとうや土筆(つくし)をたくさーん送ってきてくれましたhappy02春の香りがいっぱいで嬉しいなぁheart
「つくし」って「土筆」って書くのよね。漢字って本当に美しいねsign03

さてとー、土筆は食べたいけどハカマを取るのが大変sweat01冷蔵庫に何日も放置していましたー。今日こそはハカマを取るよーsign01と意気込んだもののー、少しだけ取って、またまた残りは冷蔵庫にUターンdash

Img_3327_2

材料

  • つくし・・・二つかみ
  • 煮汁・・・出汁 1カップ、しょう油 大さじ2、みりん 大さじ2、酒 大さじ2

つくり方

  1. つくしのハカマを取って、水で洗う。(ハカマとは、茎についているギザギザのところ。これを取らないと口当たりが悪いよsign01) 鍋にお湯を沸かし、つくしを入れて、さっと茹でてザルにあげる。
  2. 鍋に調味料を入れて火にかけ、沸騰したら土筆を入れて5~6分煮る。火を止めてそのまま煮含める。
    これを、卵でとじても美味しいdelicious

Img_3306

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→

をクリックして応援してね(#^.^#)

★そういえば~、こんな事思い出したわwink・・・海外に暮らして30年の友人(大学卒業まで日本で暮らしていた)が、帰国していた時電話があった。「ねぇ、切り干し大根もらったんだけど、どうやって料理したらいい?」私「それはねぇ、水で戻して、出汁、しょう油、みりん、酒で煮て・・・」。「うん、分かった。それと、筍ってどうやって料理すればいいかなぁ?」私「出汁としょう油、みりん、酒・・・」友人「あれ?あれ!?出汁としょう油とみりん、酒があれば日本料理になるんだね」ってsign03。そんな事当たり前だと思って考えた事なかったけど、そう!日本料理って、美味しい「出汁」と「しょう油」と「酒」と「みりん」で出来ているんだよね~delicious美味しい出汁と素材があれば、本当に美味しい和食ができるよねheart

| | コメント (0)

2008年4月28日 (月)

筍とワラビの炊き合わせ

今月に入って毎週、タケノコが届きます。実家からワラビもたくさん届いたので、炊き合わせにしてみました。春の香りがいっぱいで、幸せ・・・。

Img_4377

材料

  • タケノコ・・・1本
  • わらび・・・一つかみ
  • アゲ・・・1枚、ニンジン・・・2分の1本
  • 煮汁・・・(昆布と鰹のだし汁・・・2カップ、しょう油・・・大さじ3、みりん・・・大さじ2、砂糖・・・大さじ1、酒・・・大さじ2)

つくり方

  1. タケノコを茹でる・・・タケノコの茹で方
  2. ワラビを茹でる・・・ワラビの茹で方
  3. 鍋に煮汁を作って温め、食べやすい大きさに切ったタケノコとアゲを入れて、弱めの中火で10分くらい煮る。
  4. 3に食べやすい大きさに切ったニンジンを加えて煮て、ニンジンが柔らかく煮えたら、3~4センチに切ったワラビを加えてさっと煮る。

(筍もワラビも鮮度が大切です。採ったら(手に入ったら)すぐに茹でましょう)

Img_4285

★ブログランキングに登録しています!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

| | コメント (4)

2008年4月18日 (金)

桜の花の塩漬け

Dscn1964_2

材料

  • 八重桜の花・・・80g
  • 塩・・・24g
  • 白梅酢・・・大さじ3~4
  • 保存用の塩・・・適量

つくり方

  1. 桜の花は茎ごと取って重さを量り、花の重さの30パーセントくらいの塩をそっとまぶして1~2日おく。(何度か、軽く混ぜる)
  2. 花の水気をそっと絞り、白梅酢をまぶして2日くらいおく。(色が鮮やかになり、香りも良いです)
  3. 2に、保存用の塩(別分量)適量をまぶして、保存容器に詰めて保存する。

Img_0920

父が肺炎にかかり、あっという間に他界してしまいました。書斎の机の上には、書きかけの原稿用紙が置いてありました。本人ももちろん、すぐに帰ってくるつもりだったでしょう。ショックです。
ブログを書く元気もなくしていましたが、妹が、「お父さんが楽しみにしていた庭の八重桜が咲いたので、塩漬けにしよう」と提案してくれたので、作ってみました。
一周忌に、これで桜ご飯を作ると喜んでくれるかな?
父を愛して下さったたくさんの方々、本当にありがとうございました。

続きを読む "桜の花の塩漬け"

| | コメント (6)

2007年4月12日 (木)

よもぎの蒸しパン

三芳村に、若菜つみに行ってきました♪
(と言っても、みゅうは、ごちそうをいただいただけです。すみませ~ん(^_^;))
右のバーの「ソバの会」をクリックして、見てね!

先輩ママが作ってくだっさた「よもぎの蒸しパン」を真似して作ってみました。三芳村でよもぎを摘んできたので・・・(ワンコのオシッコの心配もなーし!)
ひなびた草の香りが、おいし~いです♪

Img_4592

材料(7㎝のカップ10こ分)

  • よもぎの新芽・・150g
  • 小麦粉・・200g
  • 卵・・3こ
  • ハチミツ・・カップ3分の2くらい
  • オリーブオイル・・大さじ4
  • ベーキングパウダー・・小さじ3

つくり方

  1. よもぎは、さっと茹でて水気を絞り、包丁かフードプロセッサーで細かく刻む。
  2. 刻んだヨモギ、卵、オリーブオイル、ハチミツをミキサーかフードプロセッサーでよく混ぜる
  3. 2をボールにあけ、小麦粉とベーキングパウダーを加えて混ぜ、カップに入れ、蒸気のあがった蒸し器に入れ、強火で20分くらい蒸す。
    竹串をさして、液がついてこなければ出来上がり。

★ハチミツは砂糖で、オリーブオイルは植物油でもOKです。

Img_4546

★ブログランキングに登録していま~す!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

続きを読む "よもぎの蒸しパン"

| | コメント (8)

2006年10月23日 (月)

むかごご飯

義母から信州旅行のお土産がいろいろ届きました。♪
その中に入っていた「むかご」を使って、むかごご飯を炊きました。
洗って、お米と一緒に炊くだけの簡単ご飯ですが、山芋のほくほくが本当においし~い(*^_^*)

「むかご」・・・山芋の葉の付け根に出来る、小指くらいの大きさの球です。山芋の子ども?
味は、山芋をぎゅっと濃縮した感じで、もちもちしていて美味しい。
東京の郊外に住む友人は、「今日むかごご飯が食べたいな、と思ったら、ちょっと散歩しながら摘み取ってくるよ!」と言ってました。いいなぁ・・・。

Img_2479_2

材料(3人分)

  • 米・・2合、水・・2カップ
  • むかご・・カップ1
  • 塩・・一つまみ、酒・・小さじ1

つくり方

  1. 米を洗って、30分くらいザルにあげておく。
  2. 鍋か炊飯器に米と水、塩、酒を入れて混ぜ、洗ったむかごを入れて炊く。
    (土鍋やクルーゼ鍋のつくり方・・・鍋に材料を入れて火にかけ、沸騰したら弱めの中火にして12~3分炊き、火を止めて10分くらい蒸らす。)

むかごのソテー

Img_2457

材料

  • むかご、ベーコン、塩、コショウ、オリーブオイル、ネギやパセリなどの青味

つくり方

  1. むかごは洗って、柔らかくゆでる。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱してベーコンを炒め、茹でたむかごを加えてさっと炒め、塩、コショウで味付けする。

★ブログランキングに登録しています!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

| | コメント (6)

2006年7月 1日 (土)

山椒とちりめんじゃこの佃煮

山椒の青い実が生ってきました。今が旬です。妹が送ってきてくれたので、さっそく佃煮を作りました。
みゅうは山椒とちりめんじゃこの佃煮が大好きで、季節外では、京都産のものを買い求めますが、今年はたくさん作って、冷凍しようっと(^^♪

Img_0375

材料

山椒の実・・50g、ちりめんじゃこ・・150g
しょう油・・60cc、日本酒・・200cc

つくり方

1・・山椒の実は、茎からはずす。
鍋にたっぷりの水を入れ、山椒の実を入れて、柔らかくなるまで15分くらい煮る。
これをザルにあげ、流水で冷ましてボールに入れ、たっぷりの水を入れて一日さらしてエグミを抜く。(途中、何回か水をかえる)
2・・佃煮を作る。
鍋に材料全部を入れ、弱火にかける。
鍋底に泉を作り、そこにたまった汁を、おたまで常にじゃこにかけながら、焦がさないように、煮汁がなくなるまで煮詰める。
3・・出来上がった佃煮をバットなどに広げて、ドライヤーで冷風を当てて水分を飛ばし、冷凍保存する。(一年は保存できます)

Img_0323

山椒の実は、たっぷりの水から茹で、一日以上水にさらす。

Img_0360

鍋の真ん中を開けて泉を作り、煮汁をかけながら煮詰めていく。

Img_0361

バットに広げて、ドライヤーで水分をとばす。

★ご飯の友にどうぞ。佃煮入りおにぎりにしても、美味しいです!
小さいお子さんのいるおうちは、山椒の量をぐっと減らした方が食べやすいです(^_-)-☆

★器は、備前焼です。

★ブログランキングに登録しています!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

| | コメント (12)

2006年5月15日 (月)

ギョウジャニンニクの酢味噌あえ

北海道の従兄弟が山で採ってきた「キョウジャニンニク」をいただいたので、酢味噌あえにしていただきました。
母はこの他に、天ぷらにしたり、豚肉と炒めたり、生のまま刻んで味噌汁にいれたり、などなど料理するそうですが、今度、従兄弟にも聞いてみますね。
こちらのブログ→自然に魅せられるに、ちょうど行者ニンニクがUPされていたので、興味ある方はどうぞ・・・。

Img_8747

材料

行者ニンニク
酢味噌・・・(味噌・・大さじ3、砂糖・・大さじ2分の1、酢・・大さじ1と半、みりん・・大さじ2、だし汁・・大さじ1)

つくり方

1・・行者ニンニクはさっと茹でて、ザルに上げてさまし、3~4センチ長さに切る。
2・・酢味噌の調味料を合わせ、行者ニンニクにかけるか、和えていただく。

Img_8738

行者ニンニク・・・ニンニクとニラを合わせたような匂い成分には、成人病やガン、動脈硬化などを予防する薬効があるそうです。
最近は、デパートや大手スーパーでも手に入ります。

★ブログランキングに登録しています!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

| | コメント (8)

2006年5月 2日 (火)

よもぎのクレープ

都留(山梨県)の山の中で、よもぎを摘んできました。みゅうのおさんぽ日記
バリ島でいただいた、野菜クレープ(多分ウビの葉っぱ)が、ものすご~く美味しかったので、ちょっと、そんな感じに作ってみました。
ヨモギの、ひなびた香りがいっぱいのクレープ!!う~~美味しすぎでした~(^^♪

★よもぎ・・・昔から薬草として使われてきました。葉には、ビタミンA,カリウム、リン、葉酸、鉄などがたくさん含まれていて、高血圧の予防や下痢止め、止血などに利用されてきました。

よもぎは、春の柔らかい若芽を摘みましょう!(10~20センチくらいまでの大きさ)

Img_8261

材料(10枚分)

小麦粉・・100g、卵・・2こ、砂糖・・30g、牛乳・・1カップ、茹でて刻んだヨモギ・・2分の1カップ

つくり方

1・・たっぷりの湯にヨモギを入れ、柔らかく茹でる。(強火で5分くらい)
これをザルにあげて冷まし、フードプロセッサーか包丁で細かく切る。(クレープで残ったヨモギは、ラップに包んで冷凍庫に保存!)
2・・ボールに卵を割り、泡だて器でよく溶いて、この上に牛乳、砂糖、小麦粉を加えてよく混ぜる。最後に刻んだヨモギを加えて混ぜ、おたまに1杯分づつ弱火で焼く。

蜂蜜をかけていただく。バリ島では、蜂蜜と生ココナッツの刻んだものをかけていただきました~(^^♪

★ブログランキングに登録しています!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

続きを読む "よもぎのクレープ"

| | コメント (10)

2006年4月25日 (火)

山菜おこわ

にゃほさんがわらびを送ってきてくれたので、さっそく、山菜おこわを作りました。先週届いた筍もあるしね(^^♪

Img_7945

材料(5~6人分)

もち米・・5合、ゆで筍・・4分の1本、わらび、蕗・・4~5本、シメジ・・2分の1パック、人参・・1本、アゲ・・2分の1枚、鶏肉・・200g、
しょう油・・大さじ5、砂糖・・大さじ1、酒・・大さじ3、塩・・大さじ2分の1

つくり方

1・・もち米は、ひたひたの水に浸して、5時間以上おき、ザルにあげて30分くらいおく。(朝浸しておいて、夕方作ればいいよ!)これを蒸し器で、30~40分蒸して、9分どおり柔らかくなるまで蒸す。
ふきは、さっと茹でて筋を取り、食べやすい大きさに切る。
ワラビは茹でて、3~4センチくらいの長さにきる・・・わらびの茹で方
筍、人参は、2センチくらいの長さの薄切りにする・・・筍の茹で方
鶏肉は、食べやすい大きさに切る。
2・・鍋に油を熱して鶏肉を炒め、火が通ったら、人参、筍、シメジ、アゲ、蕗、わらびの順に炒めて、調味料を加えて、水分がなくなるまで炒める。
3・・9分どおり蒸しあっがたもち米に2の具を加えて混ぜ、あと5分くらい蒸して出来上がり(^^♪

★ブログランキングに登録しています!ここ→ブログランキングをクリックして、応援してね(^_-)-☆

| | コメント (4)

その他のカテゴリー

インドネシア | ウメ(梅) | ウリ(瓜) | エダマメ(枝豆) | エンサイ(クウシンッァイ、空芯菜) | オクラ | カブ(蕪) | カボチャ(南瓜) | カリフラワー | キヌサヤ・スナックエンドウ | キノコ | キャベツ | キュウリ(胡瓜) | クリ(栗) | グリーンピース・ソラマメ(蚕豆) | グルメ・クッキング | コマツナ(小松菜) | コンニャク | ゴボウ(牛蒡) | ゴーヤ(苦瓜) | サツマイモ(薩摩芋) | サトイモ(里芋) | サヤインゲン | シイタケ(椎茸) | シシトウ | シソ(紫蘇) | シュンギク(春菊) | ショウガ(生姜) | ジャガイモ | セロリ | タケノコ(筍) | タマネギ、葉タマネギ | ダイコン(大根) | ダイズ(大豆)、キナコ(きな粉) | チンゲンサイ | トウフ(豆腐) | トウモロコシ | トマト | ナス(茄子) | ナノハナ(菜の花) | ニュース | ニラ(韮) | ニンジン(人参) | ニンニク | ネギ(葱) | ハクサイ(白菜) | ハヤトウリ | パセリ | ピーマン | フキ(蕗・蕗のとう) | ブラジル料理 | ブロッコリー | ホウレンソウ | ミズナ(水菜) | モロへイヤ | ユズ(柚子)・キンカン(金柑)・夏みかん | レタス | レンコン(蓮根) | ワインとチーズ | 今週の野菜 | 住まい・インテリア | 冬野菜 | 卵料理 | 塩麹 | 天然酵母パン・パン | 山菜 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 海藻 | 米と麺 | 米粉 | 肉料理 | 調味料と台所用品 | 野菜と果物のデザート | 野菜のカレー | 魚料理